飾り線上

大きな会社でエンジニアとして活躍したいとき

飾り線下
エンジニアとして働きたい場合に、大きな会社に行きたいと思うのは当然かもしれません。IT業界というのは、構造が建築業界ととても似ています。だからITドカタなどと揶揄されることも少なくないわけですが、特に階層構造というものが顕著に示しています。

階層構造とはピラミッド構造のことです。階段状に上っていく、もしくは降りていくというのはどの分野でもあるものの、その問題点としては上位から下位に降りていくにつれて条件が悪くなっていくということにあります。

条件とは何かというと、メインは金額でしょう。労働時間を見れば上位と下位でそれほど変わるものはありません。ただし、ざっくりいえば上位の方が労働時間は長いです。

一方、金額面を言えば、上位から下位に流れてくるにつれて金額は安くなっていくのです。

システムエンジニアIT会社の転職者の面接で聞かれるであろう内容というのはどの企業もだいたい決まっていて、「前の会社を退職した理由」今回の志望動機について、というものが定番です。

会社を移るときに用意する履歴書の記載方法のポイントですが、自分がいた会社でどんなプロジェクトにかかわってきたのか、業務の効果としてはどうだったのか、自分として振り返るとどれぐらい成果成績をだしてきたのかを漏れなく挙げることです。

異業種に職を変えるのは困難であるというイメージが強いですが、実際にはどうなのでしょうか?結果から言いますと、異なる業種に職を変えるのは簡単ではありません。経験者と未経験者が同時に採用試験を受けに来た場合、採用担当者は経験者を選択しやすい傾向にあります。

ただ、絶対に不可能というわけではありませんので、努力の程度によっては異なる職種に就けることもあると思います。ただ最近のシステムエンジニア転職では求められているのはどんな資格をもっているかではなくどの職種や業種での経験であり、「資格なし」であったとしても実務経験があって、さらに長い人の方がアピール力としては強いとも言われて久しいです。専門職や免許の必要な仕事の場合は、求人へ募集をする際にあらかじめ決まった資格を持っていることが前提となっている求人案件もありますので、専門職ほど業務上必要な資格を持っている人が有利であるという事実にある意味当然です。

システムエンジニアIT会社の転職の際に、次の仕事を慎重に選ぶためには、それなりに時間を必要とするでしょう。

上位に位置するIT会社に行きたいと思ったときに、取れる手段の選択肢があるのとないのでは大きく異なりますからね。




Copyright (C) 2014 SE転職フローこだわり研究 All Rights Reserved.
SE転職フローこだわり研究